看護師

レーザー治療の目安は

加齢に伴い出てくるいぼは脂漏性角化症であることが多く、レーザーでの除去が可能です。初診料に3,000円ほどと、治療費に3,000円から1万円ほどがかかります。いぼの大きさに準じて費用が上がっていきます。

詳しく見る

女医

コンプレックスを解消する

いぼ治療をする場合にはカウンセリングをする他に、医師の経歴などを気にして選んでいくことです。そうすれば、レーザー治療をして気になるいぼを安心安全に取り除くことができるでしょう。

詳しく見る

看護師

予防と治療について

いぼにはウィルス性と老人性の原因があり、それぞれ対策をする事で予防する事ができます。もしもできてしまった場合にも病院や美容クリニックで取り除く事ができます。病院と美容クリニックでは治療範囲や目的、費用が異なります。

詳しく見る

カウンセリング

早くきれいな肌へ

いぼの治療は、痕をほとんど残さずきれいに治すことができる美容皮膚科が人気です。まずは公式サイトなどからカウンセリングを申し込むと良いでしょう。当日はいぼを診察しますので、いぼに関する詳しい情報をまとめておくと良いでしょう。

詳しく見る

女性

歯科用レーザーを転用

美容クリニックでは皮膚や見た目を美しくする治療を行っており、それにはいぼ治療も含まれます。治療はレーザーを用いることが多く、あっという間になくせるので人気が高まっています。取った後は5歳から10歳若返って見えることも珍しくないです。

詳しく見る

豆粒のようなできものが

女性

治療は病院・クリニックで

皮膚の上が小さな豆粒のように盛り上がるできものに、いぼがあります。身体中どこにでも発症する可能性がありますが、特に手や足あるいは顔や首などに見られやすい傾向があります。いぼの原因については、さまざまなウイルスによることがほとんどだと言われています。特に治療をしなくてもいつの間にか消えてしまうこともあれば、なかなか治らない場合もあります。いぼは基本的には良性で、傷みやかゆみなどの自覚症状もないことが多いできものです。しかし、皮膚の上に生じた異物は、けっして気持ちの良いものではありません。また、顔や手など他人の目に触れやすい部位にできてしまったら、気になって仕方がないという人も多いでしょう。そこで、治療を検討する必要が生まれます。具体的には、まず薬局やドラッグストアで販売されている市販薬を利用するのが手軽な方法です。ただし、いぼにはさまざまな種類があり、時には悪性である可能性もまったくないわけではありません。そのため、医療機関で治療を受けるのがおすすめです。特にいぼ初心者の人は、悩む前に病院やクリニックを受診するのがベストです。いぼの治療には、医療機関を利用するのが一番です。病院やクリニックでは、患者一人ひとりの症状や希望に合わせた最適の治療を行ってもらえます。具体的な方法としては、まず内服薬の服用、外用薬の注射あるいは塗布、ピンセットなどを利用した切除が挙げられます。そして現在、最も人気があるのがレーザー治療です。これらの治療には、個々に特徴があります。薬の利用は、比較的小さないぼに対して行われます。内服薬は痛みや傷跡の心配がなく、小さな子供でも受け入れやすい方法です。ただし、完治までにはある程度長い時間がかかります。外用薬でも傷跡の心配は要りませんが、効果や副作用に個人差が出やすい傾向があります。一方、大きめのいぼなどに対する最もシンブルな治療法が、ピンセットなどによる直接切除です。この方法は有効である反面、傷みや治療跡が残る可能性があります。それぞれ一長一短である中で、身体への負担が少ない上に効果が高いことで人気なのがレーザー治療です。レーザーの利用は傷跡が残りにくく、再発も起こしにくい治療法です。このように、医療機関でのいぼの治療にはいくつかの種類があります。医師とよく相談して、自分に最も適した治療法を選ぶことができるので安心です。