予防と治療について

看護師

特徴を押さえておくべし

ある日突然できるいぼには、ウィルス性と老人性の2つの原因が主と言えます。発生原因を知っておく事で回避できる可能性も高まります。発生するいぼで一番多いのがウィルス性です。ヒトパピローマウィルスが皮膚に侵入し増殖する事で発症します。感染経路は温泉やプールが多く、小さな皮膚の傷から侵入し感染します。自然界に100種類以上の原因ウィルスがあるので、予防する事は完全には不可能です。ただ同じプールや温泉を利用して発症する人と発症しない人がいるのは、免疫力の違いです。免疫力が低い子供や老人に感染が多くみられています。成人でも体調不良時は注意が必要であり、免疫力を高める事で予防する事ができます。老人性のいぼは一種に生理現象なので、現れるのは当然と言えます。しかし個人差はあり、その差は紫外線のダメージを蓄積していたり、肌年齢で差はでます。毎日ダメージをケアする事で発症を抑える事はできます。もしいぼができてしまった場合は、病院の皮膚科や美容クリニックで取り除く事ができます。いぼの治療は病院の皮膚科か美容クリニックで受けられます。この2つの違いは費用と治療範囲です。風邪をひいたりして病院を受診した経験がある方がほとんどです。受診方法はいぼも風邪も同じで、受付に行き診察を受けて治療を受ける流れです。保険適応であり1割〜3割の費用負担で受けられるので、1つのいぼで1000円程の自己負担になります。保険適応されるのは疾病の治癒を目的としている場合であり、原因の除去と再発を防ぐ治療方法は決められています。基本的に液体窒素による凍結術や漢方薬による内服療法になります。反面美容クリニックでは見た目の改善の為にいぼを取り除く機関なので、保険適応外であり1つで3000円程の自己負担になります。しかし治療範囲は広く、いぼとその周囲の皮膚、そして治療後の見た目まで及びます。その為病院より綺麗に取り除く事ができます。またアフターフォローも充実しており、気になる場合は相談や再治療を無料で受ける事ができます。病院とは違う点では事前に面談が行われ、希望を叶える為の最適な治療方法や悩みの解消を一緒に検討していけます。